Home > アグリキラポテトの自家製肥料

自家製肥料の作り方とこだわり

我が家のキラポテトや野菜の美味しさは、有機質たっぷりの肥料作りから始まります。美味しさと食の安全・安心・環境保全を考え心がけています。

こだわり肥料の作り方
(1)菜種粕・魚粉・米ぬか・骨粉・かに殻・食品循環有機資源などの有機肥料の原料を作物ごとの肥料設計に基づいて配合して撹拌します。

photo photo


(2)よく撹拌したら、水分(マイエンザ液)をたします。これが、難しいところで多くても少なくてもダメ!職人技がいります。

photo 

(3)マイエンザ液となじませたら、このまま発酵を待ちます。冬場は保温が必要

photo

(4)発酵温度が50度を超えないように撹拌して温度を下げ、あわせて酸素も補給します。均等に発酵させるためにこの作業を2週間程度繰り返します。

photo

(5)十分発酵が進み温度が下がり始めたら撹拌・発酵機から出して切り返ししながら乾燥させます。

photo photo

(6)夏場で2週間、冬場で一ヶ月程度で有機たっぷりのぼかし肥料のできあがりです。

photo

(7)作物ごとの肥料設計に基づいた量を畑に散布します。

photo

(8)散布後すぐに耕運して、さらに発酵させ、作物に吸収しやすくするため、しばらくおきます。(この肥料を使いだして、土はフカフカ・サラサラになり、病害虫に強い作物が育つようになりました。)

photo

ずっしり重いしっかりとした美味しい野菜が育ちます。ミネラルたっぷりの野菜は日持ちも良く、健康増進にも役立ちます。

photo photo

photo photo

食品循環有機資源やあぜ草・稲わらなどを使った堆肥も生産して土づくりに役立てています。

photo photo

photo

取引先の量販店さんからいただいている食品循環有機資源や農業生産の過程できる作物残差なども手間をかけて土づくりに有効利用する、資源循環型農業に取り組んでいます。

キラポテトメニュー
トップページ
キラポテト日記
生産者紹介
キラポテトとは
キラポテトの栽培
食品循環資源
自家製肥料
収穫体験
お問い合わせ

このページのTOPへ


Copyright (C) 2006 kirapoteto.com. All Rights Reserved.